在籍確認なし カードローン

消費者金融の取り立ては厳しいのか

消費者金融の取り立ては厳しいのか

消費者金融というと、取り立てが厳しく恐ろしい、と言うイメージがあります。
テレビドラマなどでも、いかにもそのスジの男性が凄んできたり
玄関に張り紙をするなど嫌がらせまがいの取り立て風景が描かれることもあります。

 

しかし、法改正により、現在ではこのような強引な取り立てはできなくなりました。
もし現在でも上記のような取り立てをする消費者金融があるなら、まず間違いなくヤミ金融でしょう。

 

消費者金融の厳しい取り立てが問題になったのはバブル崩壊直後。
当時は消費者金融業界に対する規制がゆるく、暴力団に取り立てを委託するなどという行為も
平然と行われており、そのため苛烈な取り立てに耐え切れず自殺する人や、自己破産を
する人が増えて社会問題にまで発展しました。

 

その後貸金業法が改正され、暴力や大声で脅したり、3人以上で押し掛けたり
深夜や早朝の取り立て、張り紙や噂を流すなどのプライバシーの侵害、勤務先への訪問
返済義務のない人からの取り立てなど、多くの強引な取り立て行為が法律違反として定められ
罰金や懲役の対象となりました。

 

返済が滞っている人に対しては、督促状を送ったり法的手段に訴えるのが、現在の取り立て風景です。

ホーム RSS購読 サイトマップ